トラスティド・トラベラー・プログラム(TTP)

トラスティド・トラベラー・プログラム(TTP)により、2016年11月1日から、「短期滞在」の在留資格で入国する外国人ビジネスパーソンが、一定の条件を満たした上で自動化ゲートを利用できるようになりました。自動化ゲートは成田空港(ターミナル1及び2)・羽田空港・中部空港・関西空港に設置されています。

詳細は法務省入国管理局のホームページをご覧ください。
http://www.immi-moj.go.jp/ttp2/index.html

1 / 11