【在日生活情報】外国人夫婦の間で、日本で出生する子供の出生届及び在留資格取得申請について

【在日生活情報】外国人夫婦の間で、日本で出生する子供の出生届及び在留資格取得申請について

 

行政書士法人IMSの洪哲と申します。本日は、入社後初のブログとなりますが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

さて、今回は、外国人夫婦の間において、日本で生まれる子供の出生届と在留資格取得申請についてお話ししたいと思います。

 

ここでは、ご夫婦とも就労ビザ(或いは就労ビザ+家族滞在)所持者の場合を例に、詳しく説明して行きたいと思います。

 

まず、子供が生まれたら、日本の住民登録されている居住地の市・区役所に行って出生届をする必要があります。この出生届は、子供が生まれた日から14日以内にしなければなりません。出生届にはおおむね以下の書類が必要となります。

  1. 出生届書・出生証明書(この書類は一体となっており、出産した病院の医師等により作成されます)
  2. 届出人の印鑑(外国人の場合はサインでもok)
  3. 母子手帳

④ 国民健康保険証

※必要書類については、市区町村によって異なる場合がありますので、事前にお住いの役所のホームページ或は電話にて、ご確認ください。

※国によっては、本国の在日公館に対しても出生届を出す必要がある場合がありますので、あらかじめご確認ください。

 

出生届をしたら、その場で「出生届受理証明書」を、少なくとも2通は取得しておきましょう。一通は、子供のパスポート申請に、もう一通は在留資格取得申請に必要となります(パスポートの申請と申請期限等については、本国の在日公館にご確認ください)。

 

いよいよ子供の在留資格取得申請ですが、ここでは出生後の「30日」と「60日」がポイントとなります。まず、「30日」についてですが、出生してから今後引き続き親と一緒に日本に滞在する場合は、出生後30日以内に在留資格取得申請をしなければなりません。次に「60日」というのは、出生してから引き続き日本に滞在せず、日本から出国(帰国)する場合は、在留資格を取得することなく60日間は合法的に日本に滞在することが出来ます(帰国してからすぐ再来日を予定している場合は、出生してから30日以内に在留資格を取得しておいた方がよいでしょう。そうでないと、日本側で在留資格認定証明書交付申請をして、同証明書が交付されたら本国に送って査証申請をするなど、手続きが煩雑になります)。

 

なお、今回のような場合、子供は「家族滞在」という在留資格を取得することになります。在留資格取得申請に必要な書類は、以下法務省のホームページをご参考ください。

リンク: http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/ZAIRYU_HENKO/zairyu_henko10_20.html (在留資格取得申請書は、こちらでダウンロードすることが出来ます)

 

以上。

-ブログ一覧へ-