エスタのステータスチェック

こんにちは。

IMSの細井です。

夏休みは終わってしまいましたが、もうすぐ9月の連休ですね。海外旅行に行かれる方も多いのではないでしょうか。「連休前はやっぱりESTA入力ミスのお客様からのお問い合わせが多いのかな~?」などど思っておりましたが、特にそういった流れもなく。皆様、旅行の準備はバッチリなんですね。

その一方、自分のエスタの残存期限が心配になった私はというと、過去のメールからエスタの申請履歴を探す始末。(※エスタは申請すると登録したアドレスに確認メールが届きます)そしてメールは見つからない…。

エスタの有効期限は2年間なので、定期的に渡米している人は最後に申請した時期を忘れてしまいがちです。特に書類など手元に残るものもないので、私と同じようにエスタ迷子になってしまう人も多いですよね?

そんな方はぜひ、エスタの公式サイトから確認してみてください。パスポート番号と生年月日さえ分かれば、「既存の申請内容を確認」から自分のエスタの内容を確認することができます!

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html;jsessionid=kfTxIaLupp_iFEOLmfpLCLcufMZNRedVq1HICQC50h6d42cuGXjl!1215489399?execution=e1s1

この仕事を始めるまで、エスタのステータスを確認できることすら知らなかったので、きっと誰かのお役に立てるはず…と思い記事にしました。

 

これから新たにエスタを申請するよ!という方は、下記を参考にしてください。

どのような人が対象ですか:

  • Visa Waiver Program対象国の市民または資格のある国民であること。
  • 現在訪問者ビザを保有していないこと。
  • 渡航期間が90日以下であること。
  • 米国への渡航目的が商用または観光であること。
  • 個人、または2人かそれ以上のグループで、新規に渡航認証の申請を希望しています。

必要なものは何ですか:

  • Visa Waiver Program参加国発行の有効なパスポート。
  • 申請毎に14ドルの費用が徴収され、クレジットカード(マスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバー (JCB、ダイナースクラブ)またはペイパルでの支払いが必要です。
  • あなたの連絡先情報
  • 該当先がある場合、直近の勤務先情報

引用:エスタ公式サイト

 

 

-ブログ一覧へ-