パスポート認証

IMSの齋木でございます。

 

先日、「パスポート認証してほしい」というご依頼のお電話をいただきました。

行政書士は、行政書士法第1条の2第1項により、「事実証明」に関する文書を

作成することができます。

そのひとつとして、パスポート認証業務がございます。

 

プライベートバンク・オフショアバンク・証券会社・投資銀行等、海外銀行等の

口座開設・変更・解約、海外留学、現地法人設立、役員変更、海外ビザ取得など

の場面で、日本国籍を保持している証明、本人確認手段として、外国政府、金融

機関、企業などから求められることがあります。

日本国内にいながら郵送等で海外口座を開設する場合などに、パスポート原本を

送るわけにはいきませんので、一定の国家資格を持った行政書士等が本人及び

パスポート原本を確認し、パスポートのコピーが、原本と同じものであり改ざん

等されたものでない確かなものであることを証明するためのものです。

 

事前にパスポートや免許証のコピーをメール等で添付にて送付いただけますと、

スムーズに認証書類を作成いたしますので、ぜひご活用ください。

-ブログ一覧へ-