マイナンバー(個人番号)の確認方法

行政書士法人IMSの冨田です。

平成28年1月から社会保障・税・災害対策の行政手続きで利用が始まった
マイナンバー(個人番号)ですが、
通知カードやマイナンバーカードを紛失するなどしてわからなくなってしまった場合には、
マイナンバー入りの住民票を取得することで確認が可能です。

 本人又は同じ世帯に属する方のものであれば、本人確認のできる身分証を提示して
個人番号記載の住民票を即日発行してもらうことができます。
 同一世帯でない代理人が取得する場合は、代理人の本人確認ができる書類の他に、
個人番号を記載した住民票であることを記載した委任状が必要となります。
また、個人番号入りの住民票は代理人に直接交付することはなく、
郵送で請求者本人の住所宛てに交付されますので、本人が請求するよりも
若干日数がかかります。

 マイナンバーは日本人だけでなく、外国人でも中長期在留者には付与されています。
11ケタの住民票コードと12ケタのマイナンバーの違いは日本人でもわかりづらいものですが、
どちらも住民票を取得することで確認できることを覚えておいていただければと思います。

-ブログ一覧へ-