再代襲について

行政書士法人IMSの冨田です。

先日のブログでご説明した代襲相続に関連して
「再代襲」という制度があります。

再代襲というのは、もし相続開始時点で代襲相続人が亡くなっていても、
代襲相続人となる人物に子どもがいれば、
相続する権利はそのままその子に引き継がれることを言います。

例えば、被相続人の子が既に亡くなっていた場合、
その子に更に子がいれば、つまり被相続人にとっての孫がいれば、
その孫は相続することができます(代襲相続)

そして、その孫も既に死亡していた場合でも、
その孫に更に子(被相続人の曾孫)がいれば、
この曾孫が相続人としての権利があるのです(再代襲)。

但し、この再代襲は、兄弟姉妹の相続では認められません。
兄弟姉妹で遺産を分け合うことになった場合、
兄弟のうちひとりだけが既に死亡していたとしても、
その亡くなられた兄弟に子がいれば(被相続人の甥姪)、
その子が親に代わり相続することになります(代襲相続)。
しかし、その代襲相続人である甥姪が既に死亡していた場合には、
その子は再代襲ができませんので、ご注意下さい。

-ブログ一覧へ-