在留資格変更のタイミング

行政書士法人IMSの冨田です。

 

3月も半ばとなり、すっかり春めいてきましたね。

街で卒業式の光景を見かけることも増えてきました。

弊社が在留資格認定証明書取得のお手伝いをさせて頂いた春入学・入社の外国人の方々も、

もうそろそろ日本に入国される頃でしょうか。

 

最近IMSのオフィス内には、受け取ってからしばらくそのままになっている

入国管理局からの許可通知ハガキの束があります。

普段は許可ハガキが来るとすぐに新しい在留カードを受け取り、

お客様にお渡ししているのですが、

この時期、在留資格変更の方に限り、すぐには許可を引き取れないケースがあるのです。

 

例えば、この3月に日本の大学を卒業して4月から日本で働く方の場合、

在留資格を「留学」から「教授」「技術・人文知識・国際業務」等の

就労資格に変更する必要があります。

卒業見込証明書を添付して申請した方の許可通知ハガキには、

『新しい在留資格を受け取る時に「卒業証明書」を持参して下さい』

という趣旨の文言が記載されています。

つまり、卒業見込みであった申請者が、本当に無事に卒業したかどうかを確認した上で、

最終的に許可されるというわけですが、

この卒業証明書というのは、当然ですが卒業してからでないと取得できない書類です。

そのため、弊社に届いた許可ハガキは、

申請者の方の卒業式が終わり卒業証明書をお預りするまで、

一時的に保管されています。

 

また、日本の大学院で学んでいた留学生が4月から就労するという場合も、

奨学金を受け取るために、あるいは大学の寮にいるために

卒業するまでは在留資格が「留学」でなければならないというケースがあります。

新しい在留カードを受け取ってしまうと

その時点で新しい在留資格に切り替わってしまって不都合がでるため、

たとえ2月中に許可ハガキが届いても、3月の然るべき時まで弊社で保管することになります。

 

このような方々の許可ハガキが何枚も、注意書きを書いた付箋を貼られた状態で

オフィスの「許可ハガキ入れBOX」で出番を待っているのです。

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-