多国籍な風景

行政書士法人IMSの冨田です。

 

先日久しぶりに上野のアメ横商店街に行く機会がありました。

JR上野駅から御徒町駅までの区間に食料品や日用雑貨・衣料品等のお店や

レストラン・屋台などがズラリと並んでいます。

その日は祝日だったこともあり、たくさんの人で賑わい 活気に溢れていました。

 

途中、外国料理店の屋台が並んでいるところがあり、

トルコ人と思しきケバブ屋さんのスタッフが、お店の前を通る人達に

「たべてって~」と呼び込みをしていたのですが、

そのお店の前に設置されたテーブルでは、日本人はもちろん

金髪の外国人旅行者や 南アジアの方などが食事を楽しみ、

それを見ている私のそばを中国語で話をする人たちが通りすぎていきました。

自分がいまどこにいるのか一瞬わからなくなるような多国籍ぶりが楽しかったです。

 

2020年の東京オリンピックでは、東京の至る所で、

このアメ横のような光景が見られるのでしょうね。

日本にいる外国人の多さと その国籍の多様さを実感したひとときでした。

-ブログ一覧へ-