学びと考え

こんにちは、行政書士法人の李です。

論語に「学而不思則罔、思而不学則殆。」という有名な言葉があります。現代語訳は「知識だけを学び、考えないと、知識は身につけない。一方、考えばかりで、知識を学ばないと考えの結果も出せない」です。

もっと簡単に言うと、知識の学びとその上の考えは両方不可欠であり、知識を覚えることより、理解のほうが重要です。また、考えの時間と知識を勉強の時間との間のバランスの調整も重要です。

インターネット時代には、情報の量が増加しましたが、人間が考えの時間は少し減っています。これは大問題です。

-ブログ一覧へ-