成田空港で果物販売開始

行政書士法人IMSの冨田です。

 

先日、気になるニュースがありました。

成田空港で国産果物の常設販売が開始されたそうです。

1年を通じて四季折々の果物をお土産として販売することで、

日本産果物の認知を向上させ、果物の輸出促進に繋がることが期待されているそうです。

 

検疫のいらない香港や、タイ・マレーシアなど東南アジアの旅行者をを中心に

お土産として買ってもらいたいということで、

出発ロビー近くの店舗にイチゴが並べられ、

お店の方が試食を振る舞う様子がテレビで紹介されていました。

 

検疫のいらない国があるということを知らなかったため、調べたところ、

野菜や果物等の持ち出し制限が簡単にわかるサイトがありました。

http://www.maff.go.jp/pps/j/search/exp_index.html

 

海外旅行に出発する日本人の方にとっても、

現地の方へのお土産として喜ばれそうですね。

私も機会がありましたら、利用してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-