戸籍の附票

行政書士法人IMSの冨田です。

 

私達が取得できる証明書で一般的にあまり知られていないものに、戸籍の附票があります。

戸籍の附票とは、その戸籍を本籍とされている方の住所の移転履歴が記録されているもので、

いわば戸籍と住民票をつなぐものです。

戸籍と一緒に本籍地で管理されています。

 

例えば、A市に本籍を持つ方がB市からC市に転居したためC市に転入届を提出した場合、

転入届の提出を受けたC市は、住民票を作成し、更にその転入者の本籍地があるA市に

新住所の通知をします。

通知を受けたA市は戸籍の附票に新住所を記載して、戸籍と一緒に管理します。

この手続きにより、戸籍に記載されている方の現住所を常に把握できているわけです。

 

戸籍の附票は、本籍地で写しを発行してもらうことができます。

但し、その戸籍を本籍としている期間しか住所の履歴は確認ができません。

また、保存期間が5年間と定められているため、除籍されてから年数がたっているものは

廃棄されている場合があります。

 

戸籍謄本や住民票ほど知られていない戸籍の附票ですが、

機会がありましたらどうぞご活用下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-