戸籍等の取得範囲

行政書士法人IMSの冨田です。
皆さんは、どういう立場の方が自分の戸籍謄本や住民票を
取得できるのかご存知でしょうか。
何となく、親子や兄弟姉妹など自分と近い方のものは
取得できそうな気がしていませんか?
まず、戸籍謄抄本を請求できるのは、
本人とその配偶者、プラス直系の親族の方のみになります。
直系というのは具体的には本人の両親、祖父母、子、孫。
もちろん祖父母の両親や孫の子も直系ですので請求できますね。

 

直系に対する言葉として傍系という言い方をしますが、
傍系である兄弟姉妹・甥姪・叔父叔母や、義父母・義祖父母などは
請求する権利はありません。
どうしても必要な場合は、本来請求する資格のある方
(本人・配偶者・直系の親族)からの委任状が必要です。

 

もちろん、兄弟姉妹はお互いに未婚であれば原則として同じ戸籍に入っていますので、
自分の戸籍謄本を取得すれば兄弟姉妹の身分事項も記載されています。
戸籍は夫婦を基本の単位とし、そこに未婚の子を加えて構成されているからです。
自分だけが結婚した場合は、親の戸籍謄本を取得すれば、
未婚の兄弟姉妹も記載されています。
但し、自分も兄弟姉妹もお互いに結婚した場合は、
それ以降相手の戸籍謄本を取得することはできず
委任状が必要になるということです。

 

次に住民票ですが、こちらは本人と同じ世帯の方しか請求ができません。
戸籍と違い、親子の関係であっても世帯が違う場合は
本来請求する資格のある方(本人と同じ世帯の方)からの
委任状が必要になります。

 

戸籍も住民票も個人情報の塊ですから、請求できる範囲が限られているのです。

-ブログ一覧へ-