本籍がわからなくなったら

行政書士法人IMSの冨田です。

 

お客様からご依頼のあった業務をする際に戸籍謄抄本が必要になると、

本籍地や筆頭者をお聞きして、弊社で取得をするのですが、

お客様の中には、何度か転籍をしているうちに

本籍がわからなくなってしまった…という方もいらっしゃいます。

 

このような場合、一番簡単な方法は、

本籍を記載した住民票を取得することです。

住民票には住所、氏名、生年月日、性別、前住所等が記載されていて、

本籍、世帯主名、世帯主との続柄、個人番号、住民票コードは

通常省略されているのですが、

希望すれば省略しないものを発行してもらえるのです。

 

住民票の写しを請求する用紙に、

記載を省略するかしないかを示すチェックボックスがありますので、

確認したい項目を選択するだけでOKです。

 

-ブログ一覧へ-