気分爽快

行政書士法人IMSの冨田です。

時折吹く風が寒く感じられることはあるものの、
桜も今週見頃を迎えることになりそうで、もうすっかり春ですね。

西新橋にあるIMSのオフィスでは先週2名の新入社員を迎え、
初日から早速実務研修が始まっています。
新人が加入する職場はどこでもそうだと思いますが、
程よい緊張感がオフィスの雰囲気により良い変化をもたらし、
全体のエネルギーが増した感があります。
 

そんな中、先週もたくさんの留学生の方が
オフィスに許可引き取りにいらっしゃいました。
日本の大学を卒業して日本企業に入社する方たちで、
卒業式が無事終わり、在留資格を「留学」から
「技術・人文知識・国際業務」に変更することが認められ、
新しい在留カードを受け取りに来て下さったのです。

ピンポーン!とドアチャイムが鳴り、出てみると、
日本語で挨拶し、名前を名乗り、
●●先生いらっしゃいますか、と丁寧にお話されていました。
「こちらにどうぞ」と応接室にご案内すると笑顔になり、
素直な学生らしい態度がとても爽やかでした。

時間差で訪れる皆さんが一様に感じが良かったので、
応対した私の気分も爽快な一日となりました。

それと同時に、優秀な人材を国籍を問わずに採用することのメリットを強く感じました。

海外から優秀な人材を採用しようとお考えの企業の方は、
IMSがお手伝いさせて頂きますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

-ブログ一覧へ-