法定相続分について

行政書士法人IMSの冨田です。

本日は遺産の法定相続分についてご紹介します。

 

各相続人の相続分は、被相続人による相続分の指定がない限り

原則として民法の定めに従うことになっています(民法900条)。

相続人全員の合意がある場合(遺産分割協議書を作成するケース)

または指定相続人がある場合には これらの相続分とは異なる遺産分割を

することが可能ですが、基本となる民法の規定は下記の通りです。

 

①配偶者と子が相続人の場合…配偶者1/2 ,子1/2

②配偶者と直系尊属が相続人の場合…配偶者2/3, 直系尊属1/3

③配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合…配偶者4/3,兄弟姉妹1/4

 

②の直系尊属や③の兄弟姉妹が複数いる場合には等しく分けます。

また、③のケースでは父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹も

相続人となります。ただし、この場合の相続分は

父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の1/2になります。

 

父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹も相続人になるということは

あまり知られていませんので、遺産分割協議書を作成する等の場合にも

注意が必要です。

 

 

 

-ブログ一覧へ-