申請のタイミング

行政書士法人IMSの冨田です。

 

最近、オフィス宛ての電話でのお問い合わせで、

「更新(変更)申請中ですが、所用があり日本から出国しなければなりません。

大丈夫でしょうか?」

という内容が数件続いたことがありました。

 

更新や変更の許可申請をする時は

パスポートと在留カードを提示する必要がありますので、

本人が必ず日本にいなくてはなりません。

そして、入国管理局での審査が終わって新しい在留カードを受け取る時にも、

やはりパスポートと在留カードの提示が必要ですので、

本人は必ず日本にいなくてはなりません。

 

その間に出張や学会その他で日本を離れなければならない場合、出国は可能です。

但し、審査の過程で疑義が生じた場合は入国管理局から

問い合わせの電話や文書の追加提出を求める手紙が来る場合がありますので、

なるべく早く日本に戻って頂いた方が安心です。

入国管理局からの要請に対応できないと、審査に不利益が生じる恐れがあるためです。

 

そして当然ではありますが、

在留期限が切れるまでに新しい在留カードを受け取る必要があります。

更新や変更の許可申請が受理されると2ヶ月の特例期間が与えられますので、

本来の在留期限から2ヶ月後までは適法に日本に滞在することが可能になります。

その期限までに新しい在留カードを受け取れない場合は

更新や変更の許可申請は無効となりますので、

引き続き日本に在留するのであれば新たに最初から在留資格取得の手続きが必要です。

 

在留資格に関する手続きは、早めに書類を準備し申請を済ませていただいた方が、

急な出国が必要になった時にも期限を気にして焦らずに済みますし、

新たな手続きで負担が増えることも避けられると思います。

 

更新申請は3ヶ月前から、

変更申請は変更することが決定した時点から行うことができます。

ご不明な点がありましたら、何なりとお問い合わせ下さい。

-ブログ一覧へ-