相続人の優先順位

行政書士法人IMSの冨田です。

 

相続手続きをする場合、まず相続順位を知る必要があります。

 

相続の第一順位は直系卑属(子→孫→ひ孫)

第二順位は直系尊属(父母→祖父母)

第三順位は兄弟姉妹となります。

 

順位の考え方ですが、

各順位の該当者がいない状態の時に初めて次の順位の方に権利が発生しますので、

第一順位と第二順位が共に相続人になることはありません。

 

第一順位や第二順位では、亡くなった方に近い存在から順に相続人となります。

例えば、第一順位ではまずは子が相続人となり、

子が亡くなっている場合に孫が相続人となります(代襲相続)。

第二順位ではまず父母が相続人となり、

父母がどちらも亡くなっている場合に祖父母が相続人となります。

 

また、亡くなった方(被相続人)の配偶者は無条件に相続人となりますので、

それぞれの順位の方達と共に相続をすることになります。

但し、相続が発生した時点で配偶者が亡くなっている場合は、当然ですが権利はありません。

 

なお、相続の権利がない状態としては、亡くなっている他に、

相続放棄や欠格事由に該当する等のケースもあります。

 

相続手続きをする場合には、まずはどの順位の方が相続する権利があるか

確認することから始めることになるのです。

-ブログ一覧へ-