秘密証書遺言

行政書士法人IMSの冨田です。

 

一般的な遺言方式の3つのうち、今回は秘密証書遺言についてご案内します。

秘密証書遺言というのは、自分で作成した遺言を公証役場に持ち込み、

2人以上の証人の立会いにより「遺言が存在すること」を証明してもらう方法です。

 

この方法ですと、死後に遺言が発見されないことを防ぐことができます。

また、公正証書遺言と違って遺言の内容を公証人や証人にも知られることがないため、

完全に秘密にすることができます。

また、自筆証書遺言と違い自筆であることを求められているのは署名だけで

それ以外の部分はパソコンでの作成や代筆も認められているため、

身体の不自由な方や 高齢だったり相続財産がたくさんあって自筆が大変だったりする場合には

メリットが大きいと思います。

 

遺言者はまず遺言を作成し、署名押印したものを封筒に入れます。

封筒には遺言に押印したものと同じ印鑑で封印をします。

次にその封書を持って、証人2人と共に公証役場に行きます。

公証人は提出日や住所氏名、秘密証書遺言が作成されたことの記録を作成し、

遺言者、証人がそれぞれ署名押印して完了です。

遺言自体は遺言者が自宅で保管することになります。

 

デメリットとしては、開封の際に検認が必要なため手間がかかることや、

遺言の作成方法に不備があった場合には認められないかもしれないため

不確実な部分が残ることが挙げられます。

そのため、この方法を利用する方の割合はあまり多くはありません。

どうしても相続の内容を秘密にしたい方は、

不備のない遺言を作成するために専門家に依頼したほうが良さそうです。

-ブログ一覧へ-