自動化ゲートの利用対象者拡大

行政書士法人IMSの冨田です。

 

成田空港・羽田空港・中部空港・関西空港に設置されている「自動化ゲート」。

事前に登録しておくことで空港ではディスプレイでの簡単な操作をするだけで出入国手続きが可能になる、とても便利なシステムです。

 

今までこの制度を利用できる外国人は、再入国許可を受けている中長期滞在者に限られていましたが、本年11月1日から「トラスティド・トラベラー・プログラム(TTP)」が開始され、「短期滞在」の在留資格で入国する外国人ビジネスマン等も利用できることになりました。

 

このプログラムは、過去に一定回数の来日歴があることや退去強制歴がないことなどの要件を満たした「信頼できる渡航者」と認められた方であることが条件です。

希望する渡航者は入国する前にオンラインで申請書や必要資料を入国管理局に送信し、一次審査を受けます。一次審査をパスした渡航者は、日本の空港で一旦通常の入国審査ブースで入国審査を受けた後、空港内等にある登録場所で事前に送信した資料の原本を提出し指紋を提供して二次審査を受けます。そこで登録が認められると「特定登録者カード」が交付されることになります。

 

登録要件の詳細はまだ決定しておらず、決まり次第公表されることになっていますが、現在の案では「登録日以前1年以内に2回の来日歴」「ビザ免除国のパスポート保持者」等となっています。

決定事項が発表されましたら、またこのブログでも取り上げたいと思います。

 

出入国審査がスムーズ・スピーディーに行われるだけで大幅なストレス軽減になりますので、頻繁に来日される方にとっては嬉しいニュースですね。

 

詳しくはこちらをご覧ください

http://www.immi-moj.go.jp/ttp/index.html

-ブログ一覧へ-