遺産分割協議書

行政書士法人IMSの冨田です。

 

戸籍収集が完了して相続人が確定できたら、

ようやく遺産分割の作業に入ります。

 

相続人が複数いれば必ず遺産の分割が必要になりますが、

遺言がなかったり、遺言があっても相続の割合等が

示されていなかったりした場合には、

相続人全員で遺産分割について協議することになります。

 

遺産分割について法定相続分は決められていますが、

相続人全員の合意があれば、法定相続分に縛られず、

分割の割合を自由に決めることができます。

話し合いの末に全員が合意したら、その合意内容を文書にします。

これを遺産分割協議書といいます。

 

遺産分割協議書の様式は特に決まってはいませんが、

曖昧に記載しますと後にトラブルのもとになりかねませんので、

できる限り正確に、具体的に遺産を特定するようにします。

特に不動産の相続がある場合は、登記簿を取得して

地番等を確認する必要があります。

 

遺産分割協議書は相続人の数だけ作成し、

相続人全員が署名し実印を押印して、

それぞれ一通ずつ保管しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-