遺言とは

行政書士法人IMSの冨田です。

以前のブログで遺産分割協議書についてご案内致しました。
今回は遺言についてご紹介したいと思います。

遺言とは、私有財産制の下、所有財産の処分の自由を遺言者の死後にまで認める制度です。
民法では、満15歳に達した者は遺言をすることができる、と定められています。

遺言があると、相続人同士で財産分与について話し合う必要がなくなります。
つまり、相続人同士で財産分与について話し合うのが難しいと考えられる状況ならば、
遺言をしたほうが良いと考えられます。
先妻との間に子どもがいる場合や、相続人が多数いる場合、
相続人の中に行方不明者がいる場合などです。

また、法定相続人以外(内縁の妻やお世話になった人、団体等)に財産を与えたい場合は
遺言が必要となります。

また、事業の継承をする場合や、相続財産が不動産しかない場合も
遺言書を作成した方が良いケースといえるでしょう。

-ブログ一覧へ-