チャレンジ

こんにちは。行政書士法人IMSの後藤です。

3月下旬にIMSに入社し、ちょうど3ヵ月が経ちました。
この3ヵ月、1日1日がチャレンジの連続で本当に目まぐるしく、
あっという間でした。

行政書士として必要な知識を身につけることはもちろん、
私にとってもう一つのチャレンジは英語を使ってのコミュニケーションです。
前職では、日常的に外国人の方と英語でコミュニケーションをとるという
環境ではなかったため、英語を使わない日はない今の生活は
3ヵ月前の自分と大きく変わったことの一つです。

最近は、秋入学に向けた留学生の「在留資格認定証交付申請」のご依頼を多くいただきます。
申請に必要な書類を揃えるため、また申請書作成にあたり確認事項が出た際には
申請人である海外の大学生と直接連絡をとる必要があり、
英語でのコミュニケーションが基本になります。
スムーズに手続きを進め、予定通りご入国いただけるよう、
的確さと同時にスピードが求められる中で、
この表現で伝わるだろうか?もっとピッタリくる単語があるだろうか??と
悪戦苦闘しております。
しかし、海を渡っての生活・勉強は学生の皆さんにとっても大きなチャレンジ。
日本での留学が充実したものとなるよう、まずは安心してご入国いただくために
できる限りお手伝いしたいと思います。

まだまだ学ぶことばかり、これからも挑戦の日々が続きますが、
自分の言葉でお客様に適切なコンサルティングができるよう、
1日1日の積み重ね、昨日の自分より少しでも成長できるよう
歩みを続けていきたいと思います。

-ブログ一覧へ-