大学入試問題と著作権

こんにちは。行政書士法人IMS泉です。

 

弊社は日米のビザ・在留資格サポートをメインの業務にしておりますが、その他にも様々なサービスをお客様に提供しております。

 

その中のひとつに大学入試問題の著作物使用許諾の申請代行があります。具体的には、大学関係者と出版社又は著作権者個人の間に入って、大学入試問題で使われる著作物の使用許諾申請をサポートする業務です。それに関連して、「大学入試問題」と「著作権」について書いてみたいと思います。

 

「大学入試問題」について著作権法第36条には次のように定められています。

 

(試験問題としての複製等)

第三十六条

公表された著作物については、入学試験その他人の学識技能に関する試験又は検定の目的上必要と認められる限度において、当該試験又は検定の問題として複製し、又は公信(放送又は有線放送を除き、自動公衆送信の場合にあつては送信可能化を含む。次項において同じ。)を行うことができる。(以下省略)

 

「公衆送信」や「送信可能化」といった難しい法律用語が並んでおりますが、要するに、世の中に発表済みの新聞、書籍、オンライン配信記事などのコンテンツを大学入試問題に使用する場合は、「目的上必要と認められる限度において、」権利者から許諾を得ずに使ってもよい、ということです。

 

前知識なしに条文を流し読みすると、大学入試問題で他人の著作物を使用する場合は、どのタイミングにおいても許諾は不要と誤解しそうです。しかしながら、第36条が無許諾使用を認めているのは、あくまで試験実施までと解されているので、試験実施後の大学入試問題で他人の著作物を使用する場合は通常通り権利者の許諾が必要です。

 

例えば、大学入試の過去問サンプルを配布するために冊子に印刷したり、大学ホームページから過去問のPDFファイルをダウンロードできるようにする場合が該当します。弊社が申請代行業者として登場するのは、試験実施後に大学入試問題が世の中に発表されるシーンになります。

-ブログ一覧へ-