J-1ビザ申請の年齢制限

行政書士法人IMSの宮洞です。

2017年も残り4日となりましたが、今年も多くのJ-1ビザ申請のご依頼をいただきました。

非移民ビザの交流訪問者ビザ(J-1ビザ)は若手社員や
5、6年とキャリアを積んだ方々等が米国での最新技術を導入するための研修や、
また技術だけでなく幅広い分野で実務を学ぶことが出来ます。
J-1ビザ申請に年齢制限はありませんが、申請者が40代後半、50代や、
勤続年数が10年を超える方は、研修を受ける立場ではなく
就労であると判断される可能性が高く、申請許可されないケースもございます。
申請にリスクを伴いますが、申請当初から研修期間を最長期間18か月にするのではなく、
短期(6か月位)で申請することをお勧めします。

また家族が帯同する場合、J-1申請者と同時申請は母国とのHome tieが薄れ、
米国居住の疑いがかかる可能性もありますので
J-1申請者がビザを取得し渡米してから申請することを推奨します。

J-1ビザ(交流訪問者ビザ)の詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-typej.asp  
https://travel.state.gov/content/travel/en/us-visas/study/exchange.html

-ブログ一覧へ-