申請書に氏名を記入する時の注意点

行政書士法人IMSの冨田です。

 

在留資格認定証明書交付申請の際に気をつけなければならないことに

氏名表記の順番があります。

通常「名(Given name)」が先で「姓(Surname)」は後にする海外の方でも、

殆どの国のパスポートのIDページの氏名欄には

私達日本の慣習と同じく「姓」「名」の順で記載されています。

在留カードにはパスポートのIDページの氏名欄に記載されている氏名が使用されますので、

ビザ申請書類に氏名を記入する際には、海外の方も原則として

「姓」「名」の順で記入することになります。

 

パスポートのIDページ下部の機械読み取り式部分にも氏名が記載されていますが、

機械読み取り式部分と氏名欄との表記が異なる場合は、氏名欄が優先されます。

また、氏名欄が複数に分かれている時は、「姓」「名」や「ミドルネーム」の順序に関係なく

縦に複数あるならば上欄から順に、横に複数あるならば左欄から記入します。

 

国によっては氏名欄に氏名の一部として個人を特定するための称号が入っていることや、

氏名が省略されていて追記欄で確認しなければならない場合等もあります。

後々のトラブルを避けるためにも、申請の際にはパスポートIDページのコピーを

添付資料としてご用意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-