先々のさらなる喜び

 

シニアマネージャーの川口です。

 

最近は特に、4月入社の新卒の方々の

就労資格への変更許可を受領する時期となり、

外国人ご本人や受入企業のご関係者様から、

恐縮ながら日々感謝のお言葉を頂戴しております。

 

申請によっては難易度が高く、書類の収集や作成を

特に念入りに行うケースもありますが、無事に

許可となった際の喜びは、難易度に関わらず、

何度味わっても格別なものです。

 

ただ、我々の心理としてはそういった喜びや安心感が

ある一方、外国人ご本人や受入企業様からすれば、

あくまで「スタート地点」に立った、という段階にすぎません。

 

許可後に新たに発行される在留カードを

御客様にお渡しする際、私はいつも

「申し上げるまでもなく、これがスタート地点と

言えますし、今後中長期的にご活躍いただくことを、

何よりも願っております。」とお伝えします。

 

就労資格の取得をスタートとして、その後ご活躍いただき、

何か月あるいは何年後かに元気なお姿を拝見したり、

「大変ですが、頑張っています。」

「その節はありがとうございました。」

というお言葉をいただくことは、

「先々のさらなる喜び」と言えます。

 

つい最近も、以前私が担当したある御客様から

「私が今日本に住んで働くことができるのは、

川口さんのおかげです。本当にありがとうございます。」

という温かいお言葉をいただき、今後の申請や、

お知り合いのご紹介の見込みのお話をいただくなど、

まさに仕事冥利に尽きます。

 

御客様からそういったお声を頂戴すると、

弊社の業務は決して一時や一過性のものではなく、

その先の外国人の方々の人生に大きく影響を

及ぼすものと、その重責を再認識します。

 

弊社の全ての御客様にご満足いただき、長期に渡って

お付き合いいただけるよう、これからも日々尽力いたします。

 

-ブログ一覧へ-