素朴なご質問

シニアマネージャーの川口です。

 

今週、ある常連のお客様から、「ざっくばらんかつ非常に素朴な質問で、

大変恐縮なのですが… 最近の入国管理局は混んでいますか?」

というご質問をいただきました。

 

弊社は日常的に東京入国管理局へ出向いていますが、最近では特に、

就労資格の更新・変更許可申請に要する期間が長くなっている実感があります。

 

例えば、一般的な就労資格である「技術・人文知識・国際業務」の場合、

受け入れる企業・団体によりカテゴリーが4つに分類されますが、

カテゴリー1及びカテゴリー2の場合、更新許可申請であれば、以前は数週間程度で

審査が完了していた実感がありましたが、最近は概ね1か月前後を要しています。

 

結果的に追加の書類提出を求められることもほぼ無く、審査自体に

従来以上に時間を要しているようにも見受けられないため、

単純に申請件数自体の年々の増加傾向からなのか、人員不足によるものか、

申請受理後から審査着手に至るまでの時間が長くなっているのか、

いずれにしても年間を通して、就労資格の更新許可申請・変更許可申請の

審査には、特に時間を要している印象です。

在留資格認定証明書交付申請の場合は、直近でもそこまでの実感がありません。

 

そのお客様へもお伝えしましたが、申請に関する情報はもちろん、

こういった入国管理局の直近の状況は、我々のように日々申請を行っている

実務家でないと把握できないため、恐縮していただく必要は全くありません。

 

複雑・難解・専門的なご質問への回答だけが、我々の役割ではありませんので、

疑問点がおありの際は、ぜひご遠慮なくお問い合せいただければと思います。

-ブログ一覧へ-