パスポート認証

こんにちは。行政書士法人IMSの岩谷です。

今週は、「パスポート認証をお願いしたい。」というご相談が多くございました。

昨今の国際化や、海外への留学に伴い、ご依頼も増加しています。

 

パスポート認証とは、パスポートの原本の提出が出来ないとき、

原本に代えてその写しが真正なものであるということを証明すること

若しくはその書面のことをいいます。

 

外国での預金口座開設、クレジットカード申込、外国で法人設立、

外国のビザ(在留資格)を取得するときなどに、

外国の機関からパスポートの提示を要求されることがあります。

原本を提示できればベストですが、ご自身が日本国内にいる場合など、原本の提出は困難ですね。

その際は有国家資格者により認証されたパスポートの写し(コピー)で代用することになります。

 

日本では公証人や政府機関は公文書のコピーを認証しておりません。

その代わりに行政書士法にもとづき、

業として権利義務や事実証明の書類を作成することができる

証明書面作成のプロである行政書士が本人確認と原本確認をし、認証をしています。

 

私共は、お客様が外国の機関が求めている証明すべき事項を的確に判断した上で、

証明書面作成、発行に努めております。

 

パスポート認証は、多くの認証証明書面作成の実績がある、

弊社まで是非ご相談、ご依頼くださいませ。

-ブログ一覧へ-