カナダ留学

行政書士法人の宮洞です。

 

もうかれこれ云十年前になりますが

私がカナダに留学をした初日に起こった体験を書きたいと思います。

 

バンクーバー国際空港に到着して入国審査へ向かい手荷物として

持っていた書類を提出し、審査官と面談をしていました。

 

しかし前日からの睡眠不足と緊張で、頭の中が真っ白になり

耳鳴りもし始めて、しまいにはその場に倒れてしまいました。

 

(多分)隣にいた外国の方に頬を叩かれ、

「Hello? Are you okay? Hello?」という声で気がつき

少しすると担架に乗せられて救急車で病院へ・・・。

 

意識はありましたが、頭が回っておらず、

ここは何処?あれ?私のパスポートは?荷物もない!!

ホストファミリーが空港まで迎えに来ているのに会えず

不安が押し寄せてきました。

 

待合室のようなホールで途方に暮れていると、

心優しい人が25セントを渡し電話を掛けるように言ってくれました

が、番号も分からない、国際電話を掛けるわけにはいかずにいると、

一人の男性が現れ、ホストファミリーだと説明してくれ、

「あなたの荷物も全て預かっているから安心して家に行こう。」と

お世話になる家族の元へ連れて行ってくれました。

 

初日からこのような体験をし、後のカナダでの生活が不安でしたが

これ以上のことは何も起こらず有意義に過ごすことができました。

 

私に気をかけてくれた方へは何も出来ませんでしたが、

回りで困っている外国の方を見かけたら、手助けできるように

心がけていきたいと思っています。

-ブログ一覧へ-