査証と在留資格

行政書士の山口です。

 

時々、在留期間更新許可申請を行うお客様から、

「在留カードの有効期限を更新する際に、パスポートに貼られたビザの期限も更新する必要がありますか?」

といった質問をいただくことがあります。

 

答えを言ってしまうと、

「パスポートに貼られたビザは更新する必要はありません。」

 

というものなのですが、このようなご質問をいただくと、「査証(ビザ)」と「在留資格」を混同されている方がたくさんいらっしゃることを感じます。

どちらも「ビザ」という言葉で語られることが多いため、混同しがちですが、この両者は異なった意味合いを持つものです。

 

「査証(ビザ)」とは、国家が外国人に対して、その人物の所持する旅券(パスポート)が有効であり、かつその人物が入国しても差し支えないことを示す証書であり、入国しようとする外国人本人や入国の目的がふさわしいかどうかを事前に審査するためのもので、日本に入国する際の上陸審査時に必要な書類です。査証が発給されたら、パスポートの1ページ分に貼られます。

 

一方「在留資格」は、上陸が許可され、日本に入国した外国人が、入国後に滞在するために得た資格です。中長期在留者(詳細はこの場では割愛します)の場合は、適法な在留資格を得て滞在している証明書として、在留カードが交付されます。

 

つまり簡単に言うと、「査証」は日本に入国する前に必要なものであり、「在留資格」は日本に入国後に必要なもの、となります。

 

そのため、発給された査証が一回のみの入国を許可しているものである場合(一次査証)、日本に入国した時点でその査証は役目を終えます。(その査証で再度入国することはできません。)

以後、日本に滞在するにあたっての身分証明となるものは、中長期在留者にあっては在留カードとなり、滞在し続けるための手続き(許可された期間を延長したい、活動内容を変更したいなど)は、在留カードの手続きをもって行われるのです。

 

ただし、査証には一次(シングルエントリー)と数次(マルチプルエントリー)があり、数次査証の場合は、有効期限内であれば複数回の入国が可能であったり、また、在留カードを所持している方がいったん出国して再入国をする場合は査証が必要ではなかったりと、実際には個々の状況に応じた様々なケースが存在します。

 

そのため、このケースではどうか?と疑問に思われた場合は、弊社のような専門家にお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-