2年越しのお約束

 

シニアマネージャーの川口です。

 

どんなビジネスにおいても、御客様にリピーターに

なっていただけるということは、初回のビジネスに

対する評価・信頼の証と、私は考えています。

 

本日は、私が約2年前、ある外国人女性の御客様から、

在留期間の更新申請のご依頼をいただいた際のお話をします。

 

最初、弊社の別のスタッフが電話でお問い合わせを

受けたのですが、そのスタッフの電話での第一印象は、

正直なお話、「気難しそうな御客様」でした。

 

さらに実際に私がお会いする前、ご来社時に

対応したまた別のスタッフからの言葉を、

あえて包み隠さず実際の言葉を述べますと、

「かなり変わっていて、気難しそうな御客様です。

川口さん、気をつけてください。」

とのことでした。

(今ではその御客様との笑い話となっているため、

失礼を承知の上で、事実を書き記します)

 

電話や対面でのほんのわずかな時間で、

それだけの印象を相手に与える、という方に対し、

私も注意して慎重に対応しなければ、

という警戒心は当然ありました。

 

しかしそれ以上に、同じく変わり者(自称?)の私は、

一体どんな方だろうと逆にますます興味が湧き、

普段以上にリラックスして、臆せずにお話を伺おう、

という心境でお会いしました。

 

日本語能力はネイティブレベルの方で、最初は

確かにぶっきらぼうと言えるお話ぶりでしたが、

在留期間を更新するにあたり、それまでに

転職を繰り返していることの他、

「ご自身で調べた情報の範囲内での不安要素」を

多数お抱えだったようで、その「本音」を

少しずつお話いただきました。

 

その本音のご質問に対して私が回答していくにつれ、

自然と打ち解けていく雰囲気となり、

さらなる本音をお話いただけました。

 

1447748024741

 

「実は私、IMSさんに電話をする前に、

4~5つの行政書士事務所に問い合わせをしました。

詳細も聞かずに『●●円です』、とすぐに

値段だけを提示してきた事務所や、私の質問に対して

いまいち納得できない、曖昧な回答をする

事務所ばかりでした。

そのため、『行政書士は信用できない』、

というイメージを持っていました。」

とのことでした。

 

私はこうお答えしました。

「私も行政書士なので、信用できないですよね(笑)」

 

私のその言葉で初めて御客様も微笑まれ、その後

さらにお話は進み、合計で数十個以上といえるご質問に

時間をかけて回答後、ご依頼いただけることとなりました。

 

打ち合わせの前後で、私の印象は

「気難しい御客様」から、ご不安をお抱えで、

かつ行政書士に対して懐疑的になっていただけの、

「素直で真面目な御客様」、に変わっていました。

 

私は同業者を批判するつもりは毛頭ありませんが、

一度行政書士に対して不信感を抱いてしまった御客様に対し、

もし私が同レベルの対応をしたら、それこそ

行政書士全員がその程度のレベル、と思われて

しまうだろうなという、私なりの

危機感や緊張感を持って、終始対応しました。

 

申請後、御客様がご要望だった3年の許可となり

新しい在留カードをお渡しする日が来ました。

(本日は割愛しますが、3年や5年の許可は、

希望する誰もがもらえる訳ではありません)

 

私自身、最大限書類は作り込んだものの、

かといって特別な対応をしたというまでの

実感は正直ありませんでしたが、私の想像を

遥かに上回るほどお喜びの様子でした。

 

「はっきり言って、行政書士はみんな信用できないと

思っていましたけど(笑)、でもプロに頼まないと

3年の許可をもらえないと思って色々探して、

川口さんにお願いしました。

今回は全て川口さんのおかげです。

2年後に私は永住の申請をするので、必ずご連絡します。

もう川口さん以外の行政書士に頼むつもりはないので、

IMSを辞めないでくださいね。」という、

今思い返しても、心を揺さぶられるお言葉をいただきました。

 

私は、

「2年後までに、私が行政書士として少しでも慢心して、

IMSで戦力外になっていなければ在職している

はずなので、お待ちしております。」と、

笑ってお答えしました。

 

2年を待たずに1年半が経つ頃、本当にご連絡いただき、

来年の永住申請をご依頼いただくこととなりました。

 

私も常々ブログで発言していますが、私共が取り扱う

在留資格関連の申請は、ご本人の人生を大きく

左右する、重責のあるご依頼です。

 

ご本人の人生が懸っているため、ご本人が真剣に

なることは当然ですし、ご依頼いただく側の

私共はご本人以上にその点を強く認識し、

真摯に向きあわなければならない、と考えています。

 

今回紹介させていただいた御客様のように、

弊社にご依頼いただく全ての御客様に

評価・信頼・ご満足いただけるよう、

一つ一つのご相談やご依頼に、今後も弊社は

最大限の対応をさせていただく所存です。

-ブログ一覧へ-