在留カードの記載事項に変更を生じた場合のお手続きについて

こんにちは行政書士法人IMSの天野です。

本日は在留カード記載事項変更届出のお手続きについてご案内致します。

 

日本に中長期滞在する外国人は、氏名、生年月日、性別又は国籍・地域

(住居地以外の在留カード記載事項)に変更が生じたときは、

その変更を生じた日から14日以内に入国管理局に変更の届出をしなければなりません。

 

その根拠は、上記の事項は、中長期在留者の在留カードによる在留管理制度上、

必要不可欠の基本情報であり、変更が生じた場合には、

速やかに(変更を生じた日から14日以内に)、かつ、直接(市町村長を経由せず)、

法務大臣に対し、届け出るべき義務があると定めた入管法の規定にあります。

 

なお、その変更を生じた日から14日以内とは、

氏名変更後のパスポートが発行された日から14日以内となり、

婚姻等で氏名が変更された日からではございません。

 

そのため、日本に滞在する外国人の方は氏名変更後のパスポートが発行されたら、

すぐに入国管理局に出向き、変更の届出をご提出頂くこととなります。

 

なお、入国管理局は中長期在留者から、氏名、生年月日、性別及び国籍等について

変更届出がなされた場合には、その記載事項を変更した新たな

在留カードを交付することとなり、通常届出をした日に新しい在留カードが交付されます。

 

次回は在留カード記載事項変更届出に必要な書類をご案内致します。

-ブログ一覧へ-