ビザと人生設計

 

シニアマネージャーの川口です。

 

在留資格関連の仕事を続けていると、ありがたいことに

御客様から別の御客様をご紹介いただいたり、知人や友人から、

「私の友達で、ビザで困っている人がいるんだけど、

アドバイスしてもらえる?」といった

お声をかけていただくことが増えてきます。

 

口コミや、インターネット上で情報が氾濫する中、

外国人の方々が個々に懸命に情報を収集し、

「相当の予備知識」を備えた上で、

ご相談いただくことも多々あります。

 

私が直近で外国人の方から受けた、レベルが高く、

ご本人の「人生設計」にまで関わる内容、

と感じたご相談を紹介します。

 

「私自身でインターネットで調べたり、入国管理局にも

相談した結果、今の私にはいくつかの選択肢があると思います。

(1)今もっている『技術・人文知識・国際業務』のビザを更新する。

(2)『高度専門職』のビザに変更する。

(3)日本人の方との結婚を考えているので、『日本人の配偶者等』のビザに変更する。

(4)この3つの選択肢のどれかを申請した後、先々『永住』を申請する。

もし川口さんが私だったら、どうしますか?」

 

一般の方かつ外国人の方が、ご自身でそこまで

お調べになったことに、私はまず心から敬意を表し、

その上でこうお答えしました。

「●●さんの今後の人生設計によって、私の回答は変わります。」

 

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1448281428339

 

まず(1)(2)(3)の選択肢がありますが、それぞれに当然、

メリット・デメリットがあるため、一つずつご説明し、

以下のようにお話を展開しました。

 

「もし今後数年間で、転職をする可能性がおあり場合は●●、

当面なさそうであれば●●がいいと思います。」

「(2)の場合、今お話ししたように、

こういうメリットがありますが、●●さんにとって、

そのメリットは魅力的と言えますか?」

「(3)の場合は特に、メリットとデメリットが明確に分かれます。

どちらかと言うと、●●さんにとっては

デメリットになるかもしれませんね。」

「永住をご希望の理由は、日本にずっと住み続けたい

ご意向の他、例えば『住宅ローン』を組んで、

家を購入するご予定がおありですか?」

 

つまり、こういった情報提供やヒアリングが必要となり、

少なくとも「即答で結論を提供できるご質問」

ではなかった、と言えます。

 

そのため、個々の申請の手続きや必要な書類のお話以前に、

「ご意向を踏まえた、申請の方向性を導くためのヒアリング」

が必要なご相談だったため、私から逆に

質問を多数お返ししました。

 

この時に限らず、こういった「複数の選択肢がある」ような

類似ケースでは、前述のようなお話を一つ一つさせていただくと、

ご質問の時点では、「私からの結論」をお求めだったはずが、

不思議とご自身で結論を見出し、

「結論が見えてきてすっきりしました。ありがとうございました。」

とおっしゃっていただき、ご相談を終えるケースがほとんどです。

私も大体、

「●●さんの場合、私も●●がいいと思います。」

と、同じ結論で終えます。

 

業務上、我々のような専門家が、個々の申請の

必要書類や書類作成についての情報を把握していることは、

あくま「最低限」と認識していますし、時として

ご相談者の「今後の人生設計」にまで関わるご質問もあります。

 

その場合、「目先や単発の対応」でとどめず、

様々かつ中長期的な観点からご相談に応じる必要があり、

我々が有さなければならない知識は、多岐にわたります。

 

また、必ずしも我々の見解や結論を申し伝えることが

全てではなく、御客様に「判断材料」や「選択肢」を提供し、

その中でどれがベストか、「ご自身による総合的なご判断」

へと導くことも、非常に重要だと考えています。

 

一個人のお力では、そこまでの情報収集をすることは至難です。

そのため、ビザ関連でお困りの方は、ご自分にとって

「最良の選択」をすべく、弊社に限らず専門家に

ご相談いただくことを推奨します。

 

-ブログ一覧へ-