最近の気になるニュース

こんにちは。

行政書士法人IMSの岩谷桃子です。

新年が明け、すでに3週が過ぎました。

仕事はじめの4日は、商売繁盛(!?)を願い全社員で愛宕神社の「出世の階段」を上り、

有難いことに方々から、お問い合わせやご依頼が舞い込み、

休みボケした頭を、お仕事モードに切り替えバタバタの2週間でした。

少しづつペースが戻り、ホッとしています。

 

さて、先週は、日本中、いや世界中を驚かせるニュースがありました。

「SMAP」解散報道です。

名曲をたくさん歌ってきたグループであり、かつ世界中にファンがいるため

とても残念に思います。びっくりしたのは、このニュースがBBCでも報道されていたことです。

しかも、日本のテレビでは一切出されていない、育ての親の女性マネージャーのお名前が

はっきり出ており、BBCのニュースで私はその方のお名前を知りました。

今後の動きに目が離せません!

 

またもう一つのニュースは、アメリカビザのブランケットL請願書費用の値上げです。

この費用は雇用主が50名以上の社員を持ち、

さらに社員の50%以上がH-1BやLビザ保持者である場合に該当します。

雇用主がこの条件に当てはまる場合には、

雇用主はビザ申請者が大使館や領事館でビザ申請を行う際に4500ドルを支払います。

アメリカでビジネスを営むインドのIT企業には、Lビザ、H1-Bビザの職員が多く在籍し、

今までかからなかった費用を負担することになり大打撃だと思います。

 

アメリカビザには、日本ビザにはないビザにかかる費用がいろいろとあります。

特急審査料や、詐欺防止料など、、、、。

アメリカビザは大使館での面接もあり、人件費も考慮されているかと思いますが

ビザ申請の費用も日本に比べ高額です。

そして今回のLブランケット請願書費用もかなり高額に感じます。

 

次の大統領選で、もし話題のトランブ氏が選ばれたら、

また移民法が大きく変わるような気もします。。。

私たちのオフィスには、アメリカ人スタッフがおりますので

彼女にも意見を聞いてみたいと思います。

 

2016年はオリンピックイヤーでもあり、エキサイティングな年になりそうです!

たくさんのお客様と出会い、そのご縁を大切に、今年も皆様のお役に立てるよう

努めたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-