在留資格認定証明書交付申請のその後

行政書士の山口です。

 

まだまだ寒い日が続きますが、春一番も吹き、だいぶ陽も長くなり、少しずつ春が近づいていることを実感する毎日です。

 

弊社では今、4月の新年度開始に向けて、外国人の社員や留学生を受け入れるための、在留資格のお手続きのご依頼を多数いただいております。

 

現在は海外にいる方が、来日するためのビザを取得するには、まずは日本での所属機関の方が代理人となり、在留資格認定証明書という書類の交付申請を、日本の入国管理局に対して行います。その申請は日本側が書類の準備を行い、代理人として申請を行うので、弊社と直接やりとりするのも、多くは日本人の方です。

 

逆に、その方が来日された後、入国管理局への在留申請は、原則ご本人による申請のため、直接外国人の方から依頼を受けます。

 

先日、弊社に申請を依頼にいらした外国人の方のお顔を拝見し、どこか見覚えのある方だな、と感じました。

その方は、ご自身の資格外活動許可申請をするために、いらっしゃいました。

必要書類を受け取り、内容の確認のためにお名前を拝見していると、以前、この方が来日するにあたっての在留資格認定証明書交付申請の手続きを弊社が行った方であり、その際の申請書に貼付されていたお写真に見覚えがあったことに気がつきました。

 

無事に来日され、日本での更なる活動のための申請を、今度はご本人が弊社にご依頼くださる、その一連の流れがとても嬉しく、この仕事のやりがいを感じる瞬間でした。

 

今日も多くの方の在留資格認定証明書交付申請を取り扱っていますが、皆様が無事に来日し、今度はご本人様からのご依頼で、日本での様々な在留申請のお手伝いをさせていただける日を心待ちにしながら、一つ一つの申請書に向き合っていきたいと思います。

 

-ブログ一覧へ-