入国管理局での申請について

こんにちは行政書士法人IMSの天野でございます。

弊社は各大学においてコンサルティングを行い、

各キャンパスにて、大学の職員の方から申請書類一式をお預かりし、

入国管理局への申請代行を行っております。

 

しかし、一日でも早く申請を行いたい、学内規則で申請を大学の職員が

行うこととなっている等の様々な理由で、職員の方が直接入国管理局にて

在留資格認定証明書の申請を行うことをご希望されるケースがございます。

 

受入機関の職員の方が在留資格認定証明書交付申請を

入国管理局で行うためには、書類を持ち込んだ方のご身分を証明するため、

以下の書類が必要となります。

 

1 本人確認のできる顔写真入りの身分証明書(免許証等)

2 受入機関発行の在職証明書または職員証

 

受入機関の職員の方のうち、パート、アルバイトの方で上記2の在職証明書

又は職員証が発行されない方は原則入国管理局で申請を行うことができません

(申請書の申請代理人になることも不可となります)。

 

お客様が弊社のような申請取次者を利用されない場合は、

お客様に上記の点に十分ご留意頂いた上で申請を行って頂けるようお伝えし、

円滑な申請お手続きのお手伝いができるよう努めてまいります。

-ブログ一覧へ-