外国人社員の積極採用

 

シニアマネージャーの川口です。

 

最近、私の御客様で採用ご担当者様とのお打ち合わせの際、

「今後会社として、外国人社員を積極的に採用するか否か」

というお話になりました。

 

私が日常的に外国人の方と接している中での

経験談や私見など、色々なお話をさせていただいた後、

そのご担当者様からの最終的なご回答は、

「結局、採用を日本人に限定する必要性自体が、

もはや無いのかもしれませんね。」

「日本人か外国人かといった、国籍を問わず、

優秀な人材を厳選して採用するという、

シンプルな方針になると思います。」

「外国人採用を『意図的』に増やすというより、

優秀な外国人の応募が増えれば、『結果的』に

増加するでしょうね。」

とのことでした。

 

弊社は複数の大学の御客様に顧問契約を締結して

いただいているため、優秀な外国人留学生の方々と、

毎日のように接します。

 

日本語能力がネイティブレベルの方も多く、

母国語に加えて、英語プラス日本語と、

3か国語以上の語学力を有する方が

ざらにいらっしゃいます。

 

ただそれ以上に凄いことは、その語学力は、

彼らにとってはあくまで「スキルの一部」にすぎず、

大学や大学院での専攻分野が強みという点です。

 

そういった、専門分野プラス多言語能力を

有する留学生の方々と日々接すると、

確かに私の御客様がおっしゃった、人材採用に

もはや国籍は関係ないというお話は、

まさに仰る通りだと思います。

 

日本人を採用する利点として、当然ながら

日本人の感性・常識・文化・慣習を理解している、

という点で大きいとは思いますが、新卒採用に限れば、

誰もが社会人経験を有さないという点で、

日本人か外国人かによる差はありません。

 

優秀な外国人留学生の方々と日々接していると、

もし彼らが日本での就職を希望する場合は、

引く手あまただろうな、と思います。

 

特にこれからの時代は、今後ますます増える見込みの、

優秀な留学生と競うこととなる日本人学生の方々は、

本当に大変だろうなと、他人事のようになって

しまいますが、日々そう思います。

 

ただ、日本人の学生の方々の中にも、当然ですが

優秀かつ意欲的・野心的な方がいらっしゃいます。

 

弊社はアメリカビザに関してもコンサルティングを行っておりますが、

日本人の学生の方から、留学や研究目的での渡米に関する

ご相談をいただき、その目的意識の高さに

刺激を受けることが日常的にあります。

 

弊社はビジネスを通じ、国籍を問わず勤勉で

意欲的な方々の、その後のキャリア形成や人生設計に

少しでもお役に立てるべく、日々尽力いたします。

-ブログ一覧へ-