2019年度パスポート刷新

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

仕事上、私は多くの国の方のパスポートを目にし、お預かりする機会が多く、国によって様々な違いを感じています。そのような中で、先日、外務省は、5月18日に2019年からパスポートを刷新すると発表したとの記事を目にしました。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを念頭に,その前年の2019年度中の導入を目指しています。

大幅なデザイン変更は2006年にICチップを内蔵して以来初めてで、変更の内容としては、出入国印を押すページの見開き2ページに葛飾北斎の浮世絵『冨嶽三十六景』をあしらったものだそうです。『冨嶽三十六景』を採用した理由は、世界的にも広く知られ,富士山をメインモチーフとし,まさに日本を代表する浮世絵であるためです。浮世絵は10年用旅券には24種類、5年用には16種類が使用されます。各ページを異なるデザインとすることは珍しく、偽変造対策に有益と考えられています。

私の現在のパスポートは2019年より前に失効するため、新たなデザインのパスポートを手にするのはしばらく先になりそうですが、どのようなパスポートになるのか楽しみにしています。

-ブログ一覧へ-