訪日外国人旅行者数、暦年で初の2000万人超え

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

 

1031日、国土交通省が2016年の年始から1030日までに日本を訪れた外国人旅行者数が2000万人を超えたと発表しました。

なお、2015年の日本を訪れた外国人旅行者数は1973万人でしたが、2015年度には年度ベースで2135万人とすでに「年間2000万人」を超えています。

 

暦年で2000万人を超えた背景としては、観光ビザの発給要件の緩和、航空路線の新規就航・増便、クルーズ船の寄港増加などにより、中国などのアジア地域からの旅行者が大幅に増えたためです。

外国人旅行者数は2013年に1000万人を突破して以降、急増し、国土交通省によると、今年の月別の訪日外国人旅行者数は7月に過去最高の229万人を記録するなど、1月から9月までのすべての月で前年を上回っています。

 

国・地域別では、中国が前年同月比30.5%増の5007200人と最も多く、次いで韓国が30.2%増の3719400人、台湾が16.7%増の3233500人とアジア地域の旅行者が多く、全体の8割となっています。その他、アメリカは20.6%増の914500人、イギリスは13.0%増の216200人と増えています。

 

政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に4000万人、2030年に6000万人の目標を掲げています。

 

今後も訪日外国人旅行者数の増加を目指す上で、インターネットの整備や宿泊施設の増加等に加え、初めて日本を訪れる旅行者だけではなく、実際に日本を訪れた旅行者に魅力的な国として繰り返し日本を訪れる旅行者が増加することが重要であると感じます。

-ブログ一覧へ-