留学生の資格外活動許可申請

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。
本年もよろしくお願いいたします。

前回のブログで4月入学の留学生の皆さんの申請について書かせていただきましたが、現在も様々な大学の、留学を予定されている皆さんの申請をお引き受けしています。
受け入れ大学の教職員の方が必要書類を準備され、弊社が申請の代行をお引き受けすることもありますが、日本国外にいらっしゃる入学予定の皆さんと直接メールでやり取りする場合もあり、その際に在留資格認定証明書交付申請以外のご質問を受けることもあります。

先日、入学後にアルバイトすることを予定しているとのことで、資格外活動許可の申請についてのご質問を受けました。留学生はアルバイトが決まっていない場合でも資格外活動許可の申請を行うことができ、3月以上の在留期限が決定された方の場合(留学の在留資格での在留期限は4年3月,4年,3年3月,3年,2年3月,2年,1年3月,1年,6月又は3月のいずれかを入国管理局が決定します。)は、入国時に空港や港で申請を行うこともできます。
もちろん学校生活が始まってから申請を行うこともできますが、入国時と入国後では申請書や審査期間が異なります。入国時に申請する場合の申請書は入国後に申請する申請書に比べて記入項目が少なく、即日許可されます。(入国後に申請する場合には1カ月程度の審査期間を要します。)

日本での生活に慣れるため、滞在費を補うため等、アルバイトをされる理由は様々にあるかと思いますが、学業生活に支障をきたさないよう、アルバイトを行っていただければと思います。

-ブログ一覧へ-