本国からの両親の呼び寄せ:子育て世代

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

弊社のビザコンサルティングサービスを利用される大学の研究者や留学生の中には、小さなお子様がおり、大学での研究活動を続けるために、ご両親の手を借りたい、という方もいらっしゃいます。
家族滞在の在留資格は、配偶者または子が対象となり、残念ながらご両親を本国から呼び寄せることは出来ません。

高度専門職の在留資格の方またはその配偶者の方は、ご両親を呼び寄せることが可能で、その際の在留資格は、家族滞在とは異なります。また、申請するためには、高度専門職の在留資格の方またはその配偶者の方が妊娠中の場合や7歳未満のお子様の養育中であることが必要です。ただし、世帯収入(高度専門職の方とその配偶者の一年間の合算した金額で、税金により差し引かれる前の収入)が800万円以上である必要があります。なお、お子様が7歳になった場合にはご両親の在留期間の更新申請をすることができなくなります。

ご両親の呼び寄せにはハードルの高い現状がありますが、優秀な方が日本で活躍できるよう、子育て支援についての体勢も整備されていくことを願います。

-ブログ一覧へ-