在留資格「家族滞在」の方の就職

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

 ビザコンサルティングで、時々、「妻(夫)が就職を考えているので、ビザを変更したいです。」とご相談があり、お話を聞くと、まだ就職先は決まっていず、今から就職活動を始めると話されることがあります。

就労の在留資格に変更される場合には、入国管理局へ在留資格変更許可申請をすることになりますが、就職先が決まっている必要があり、仕事の内容により、申請する在留資格も異なります。また、仕事の内容によっては、変更できないこともあります。

就労の在留資格をお持ちでなければ、就職活動ができないと思われている方がいらっしゃいますが、「家族滞在」の在留資格でも就職活動をすることができますし、先にお伝えしております通り、就職先が決まらなければ在留資格変更許可申請をすることはできません。

 外国人の方の雇用を検討されている企業側も就労の在留資格を持っていないから採用できないと考える方がいらっしゃるかもしれませんが、前職のある方でなければ、基本的に就労の在留資格をお持ちではありません。そのため、就労の在留資格をお持ちで、引き続き同じ在留資格で就労できる方と比べて、就労の在留資格をお持ちでない方は、入社までに時間がかかる可能性があることにご留意ください。

-ブログ一覧へ-