週28時間以内の資格外活動(アルバイト)のご留意点

 

ディレクターの川口です。

 

近年、ベトナム国籍の方々を中心とした留学生数の

顕著な増加傾向を、弊社一同も常々実感している中、

それに伴う資格外活動(アルバイト)の違反の事例を

日常的に耳にします。

 

留学生の方々の場合、「資格外活動許可」を取得後、

在学する学校が定める長期休暇期間中を除き、

週28時間以内のアルバイトが認められます。

(風俗営業法に抵触する業務を除く)

http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/shikakugai.html

 

週28時間の勤務のアルバイト代では、学費や生活費までは賄えず、

実際には週28時間を超えてアルバイトを行ってしまう

留学生が年々増えており、違反が発覚した場合は、退去強制や

在留期間の更新を不許可としているなど、入国管理局は

厳しい処分を下さざるをえない状況のようです。

 

留学生ご本人や、アルバイト先のご関係者様が、

特に勘違されがちな規定として、週28時間というのは

「アルバイト先1箇所あたり」の制限ではなく、複数個所

(いわゆる掛け持ち)でアルバイトを行った場合であっても、

合計で週28時間以内の勤務におさめなければなりません。

 

弊社オフィス(港区西新橋)の近辺では特に、

外食チェーンの店舗やコンビニエンスストアに入ると、

3~4名のスタッフ全員の方が外国人、といった光景を、

時間帯を問わず日常的に目にします。

 

今や外国人留学生のアルバイトスタッフを抜きにして、

人員の確保が困難な状況なのかもしれませんが、

留学生ご本人も、ご勤務先のご関係者様も、

資格外活動の規定にはくれぐれもご注意いただきたいと存じます。

 

-ブログ一覧へ-