日本で就労するためのお手続き

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

 海外にいらっしゃる日本国籍以外の方が、日本で中長期に滞在するためには、一般的に入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請を行い、在留資格認定証明書が発行される必要があります。
中長期滞在とは3カ月以上日本に滞在することを意味しますが、3カ月未満で日本に滞在する場合でも、日本で『報酬を得て活動する』場合には、在留資格認定証明書交付申請を行い、在留資格認定証明書が発行されたら、本国の日本大使館で就労ビザを取得する必要があります。

最近、在留資格認定証明書交付申請の準備をしているお客様から、「査証免除国なので、事前に本国の日本大使館でビザ申請しなくても日本に来られますよね?」とご質問を受けました。その方は3カ月未満の滞在期間で日本で報酬を得て活動される方なので、就労ビザを取得する必要があります。日本大使館でのビザ申請をせずに、日本に来日される場合には、短期滞在(観光ビザ)で来日することになり、報酬を伴う活動をすることはできません。
以前、「査証免除国の人が来日する場合は、ビザを取得せずに入国しているんですよね?」とご質問を受けたこともありますが、「本国でのビザ申請が免除されている」ということで、入国時に短期滞在ビザが発給され、ご入国されています。

私が弊社に入社し、現在の業務を取り扱うまで、全くこのことについて知りませんでした。入社前の私と同様に、ご存知ない方も多いだろうと思います。何も知らなかった頃の自身を忘れずに丁寧にお客様にご案内したいと思います。

-ブログ一覧へ-