帰化後の氏名について

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

今回は帰化後のお名前について少し書かせて頂きます。

帰化を考えられている方は、帰化後のお名前について、大変悩まれるかと思います。
名前は一生かかわっていくものであり、名前により他の人に印象を与えることもあります。
帰化後の氏名には、原則として常用漢字表、戸籍法施行規則別表第二に掲げる漢字及びひらがな及びカタカナ以外は用いることはできません。
従って、カタカナの表記にして帰化前のお名前をそのまま用いることも可能です。

帰化後のお名前に関しては、日本人ではつけないようなお名前を考えられたり、女性の場合、大変綺麗な(宝塚の方のような)お名前を検討される方がいらっしゃいます。
上に述べた常用漢字等の中で採用するのであれば、どのようなお名前を付けることも自由ですが、お名前から、帰化後も他の日本人とは異なる印象を与えたり、既製の印鑑を購入できないなどのことまで、様々なケースを想定して決められた方が宜しいかと思います。

なお、氏名は帰化申請の受付までに決めるべきですが、申請後許可がでるまでは、変更を申し出る余地はあります。

-ブログ一覧へ-