在留資格認定証明書交付申請の際に添付する封筒について

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

基本的に海外にお住まいの外国人の方が日本に中長期間(3カ月以上)、日本に在留するためには、在留資格認定証明書交付申請を行う必要があり、入国管理局の審査を経て、発行された在留資格認定証明書は、書留郵便により日本国内のご関係者様の元に届けられます。

在留資格認定証明書を受け取るために在留資格認定証明書交付申請の際には、封筒を添付することになりますが、数人を同時に申請する場合には1通の封筒のみを用意することも可能です。一通の封筒で数人の申請をする場合には、同じ審査部門で審査される申請である必要があります。例えば、同一の在留資格で数人の在留資格認定証明書交付申請をする場合や、扶養者と家族の在留資格認定証明書交付申請を同時に行う場合です。
ただし、扶養者と家族の在留資格認定証明書交付申請を同時に行う場合でも、家族が家族滞在の在留資格ではない在留資格で在留資格認定証明書交付申請を行う場合、例えば、扶養者は技術・人文知識・国際業務の在留資格、家族が留学の在留資格で申請するなどは、扶養者は就労審査部門、家族は留学審査部門と審査部門が異なるため、一通の封筒で申請することはできず、封筒を各々の申請のために2通用意することになります。

東京入国管理局で在留資格認定証明書交付申請を申請する際には、申請する在留資格に係わらず、同一の窓口で申請が受け付けられますが、申請を受け付けられた後には、該当する審査部門で審査されます。また、申請する人数により、封筒の大きさや貼付する切手の金額が変わることがありますので、ご注意ください。

-ブログ一覧へ-