大使館・領事館でのビザ申請の際のパスポートについて

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

在留資格認定書交付申請、在留期間更新許可申請、在留資格変更許可申請の申請書には、パスポートに関する情報を記入する箇所がありますが、パスポートを更新申請している場合にも申請することができ、『申請時より●カ月以上有効なパスポートでなければならない』という規定もございません。

在留資格認定証明書が発行された場合には、在留資格認定証明書を持参し、出身国(地域)又は居住国(地域)に所在する日本大使館又は総領事館にて、ビザの発給を受ける必要があります。また、ビザの申請の際には有効なパスポートである必要があり、来日時にも有効である必要があります。
 

ビザには『シングルビザ』と『マルチプルビザ(数次ビザ)』の2種類があり、シングルビザは1回の入国のみ有効なビザですが、マルチプルビザは有効期間内であれば来日の度に申請することなく、何度も来日することが可能なビザです。なお、5年間有効なマルチプルビザもありますので、ビザ発給から5年の間でビザの貼られているパスポートの期限が切れ、新しいパスポートに切り替わる場合もあります。その際は、ビザの貼られているパスポートと新しいパスポートの2冊を携帯し、日本に入国することも可能ですが、ビザ発給後に初めてを来日するときには、申請時とパスポート情報と異ならないパスポートである必要があります。

-ブログ一覧へ-