ビザの有効期間と在留資格認定証明書の有効期間

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

 

以前からブログでもお伝えしておりますように、日本国外にいらっしゃる外国人の方が日本に中長期に在留するためには、入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請を行う必要があります。また、入国管理局の審査により、在留資格認定証明書が発行された場合には、在留資格認定証明書を持参し、出身国(地域)又は居住国(地域)に所在する日本大使館又は総領事館にて、ビザの発給を受ける必要があります。
 

在留資格認定証明書と在留資格認定証明書交付申請に基づいて発給されたビザの有効期限は、ともに発行・発給された時から3カ月です。「ビザの有効期限内に日本に入国すればよいのか」、「在留資格認定証明書の有効期限内にビザの手続きをすればよいのか」とご質問を受けることがありますが、在留資格認定証明書の有効期限内に日本に入国する必要があります。そのため、ビザの有効期限よりも早く日本に入国することとなります。

-ブログ一覧へ-