出国準備のための「特定活動」

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

日本に滞在される外国人の方が在留資格の変更申請や在留期間の更新申請を行い、従来の在留期限が過ぎた後に不許可の結果が出る場合、出国準備のための「特定活動」の在留資格が与えられることがあります。
出国準備期間中に再申請を行うことも不可能ではありませんが、在留期間が30日の場合は再申請を行っても、「特例期間」は適用されません。
「特例期間」とは、申請後も在留期限後2か月間は従前の在留資格をもって日本に滞在することができる期間をいいますが、在留期間が30日以下の方には適用されません。
そのため、30日の出国準備期間中に再申請を行い、出国準備期間中に結果が出ない場合、30日を超えて滞在し続けると理論上はオーバーステイの状態になってしまいます。

一方で、31日の「特定活動」を与えられ、この期間中に再申請を行った場合、「特例期間の」適用があります。

ほんの一日の違いですが、30日と31日では、ご本人にとっては大きな違いがあると言えます。

-ブログ一覧へ-