日本に中長期間滞在するための2度の申請手続き

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

日本国外にいらっしゃる方が日本に中長期に滞在するためには、在留資格認定証明書交付申請を行い、在留資格認定証明書が発行された場合には、本国又は居住地の日本国大使館又は総領事館で在留資格認定証明書の原本を持参し、ビザ申請をすることとなります。

入国管理局は法務省の管轄で、日本での滞在を許可するか否か審査し、日本国大使館又は総領事館は外務省が管轄し、日本への入国を許可するか否かを審査しています。それぞれに審査する対象が異なるため、2度の手続きが必要となります。

日本国大使館又は総領事館によっては、在留資格認定証明書を持参することなく、ビザ申請をすることが可能な場合もあります。ただし、在留資格認定証明書を持参した上での申請とは異なり、日本国大使館又は総領事館から日本の外務省、外務省から法務省入国管理局へ事前協議する過程が追加されますので、在留資格認定証明書を持参しての申請よりも時間がかかる可能性があります。
 
 なお、日本に入国するためには原則としてビザが必要ですが、ビザを取得していれば必ず入国できるとは限りません。日本に入国する際に空港や港で入国審査官の審査により許可される必要があります。

-ブログ一覧へ-